koronococoro
better than ever
プロフィール

tomoko

Author:tomoko

月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
Yggdrasil
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のブログなので。。。
2006-01-30(Mon) 22:57
今年一番のハッスルが本日・・。
怒りハッスルでした。今はもう諦念。

なんというか、なんかこう・・。
疲れた。

が、期待してた自分にも反省。。
って以前もそう思ったのにさ・・バカだな、私・・。

トーンダウンで行くとします。
ハイ バイバイ。。

スポンサーサイト
マダガスカル
2006-01-29(Sun) 23:45
今日は近所に住むトーコちゃんの7才の誕生日でした。
プレゼントあげたら、ダビングしたDVDを貸してくれました。

マダガスカル。
060129_2335~001.jpg



060129_2335~002.jpg


??
マダガスかル。

なんで「カ」だけがひらがななのか。。。
7才の女の子の頭の中は不思議がいっぱいです・・・。

今夜はマダガスかルを見て楽しみました♪
戦場のフォトグラファー ジェイムス・ナクトウェイ
2006-01-29(Sun) 13:03
戦場のフォトグラファー ジェイムス・ナクトウェイ
2001年 スイス

見おわってもう一度、今度はもっと細かく確認しながら見たいと思った。

・・・
「平和ボケ」
もし今日本がどこかの国に占領されて、不幸な状況に見舞われたとしたら、ナクトウェイのような外国人カメラマンがカメラを向けて私たちの不幸を写真に納める行為を許せるだろうか。「他人の不幸を撮るなんて」そんな不愉快な思いが先に立つのでは。
ナクトウェイがカメラを向ける人々は、ナクトウェイがそこに存在しないかのように嘆き悲しむ姿を露わにしている。この不幸をあなたの写真で世界に知らしめてほしいと思っている。彼らは、彼が最も有名な戦争や貧困を撮るカメラマンであることを知る由もないのに、そこが自分たちの不幸の現実の発信元になることを託している。

そんな思いを話したら、「それこそが平和ボケなのかもね」と言われた。
彼らはそれどころじゃない。日々続く終わらない悲しみに、目の前でカメラを向けらる不愉快さなんて関係ない。
初めて平和ボケを実感した気がした。私は映像を見て心の痛みを感じながら、知らず知らずのうちに外からしか見られていない自分に気づいていなかった。

・・・
ナクトウェイ。
もともと非常に真面目な人だったのだろうと思う。この映画で笑う表情を見せたのは1~2回だったと思う。20年にも渡り戦場や貧困の現場を使命をもって見つめていたら、精神は研ぎ澄まされ信念はより強固になるだろう。寡黙で冷静で孤高で、美しい。
彼を突き動かす強い思いは、「きれいごと」として扱われることもあるかもしれない。けれども何もしない私たちは、何も言うことは決してできない。
彼の撮る写真を意地汚い興味としてでなく、無口になるほど真摯に、そして今の私たちの常識外の目も持って捉えていくべきだろう。

・・・
もう一度、何度でも見たいと思う。見なければと思う。
ヒトラー~最後の12日間~
2006-01-22(Sun) 13:17
ヒトラー~最後の12日間~
2004年 ドイツ

ヒトラーの女性秘書トラウドゥル・ユンゲを通して敗戦直前のヒトラーの姿を描いた映画。
その直前までの背景や経緯の説明、まして映画を引き立てる音楽なんてまったく必要なし。
映画の最後の彼女の言葉は、今の私たちにも負わされている。
彼女は、彼女の告白をつづったドキュメンタリー映画が上演された2002年のその日、この世を去っている。
約三十の嘘
2006-01-22(Sun) 13:03
+++++
笑の大学
2006-01-21(Sat) 12:07
やっと観れた・・。
映画館で観なくてよかった。
ほんと三谷幸喜って。。。ぷっぷっ
シンプルであればシンプルであるほど・・。
黒冷水
2006-01-15(Sun) 08:04
黒冷水
著者:羽田圭介
出版社:河出書房新社

文藝賞受賞した17歳高校生。受賞時から興味があってやっと読んだ。
著者の背景を知らずに読んだほうがおもしろかったかも。
ちょっと矛盾だけど、最後物語が終わってからが良かったかな。。
寝笑い
2006-01-12(Thu) 03:19
昨夜夢を見た。
光のさす部屋の中、白いテーブルの上にトマトジュースとセロリのスティック。
そんな風景を見ていた。

そしたら何故か笑いが止まらなくなってきた。
自分の笑い声で目が覚めた。
目が覚めても笑いが止まらない。
咳き込むほど笑って笑って、なんとか笑いを止めようと努力して。。
やっと止まったかと思うと、また吹き出しながら笑い出す。。

深夜の笑い。奇妙な笑い。

半覚醒状態でアタマがイッちゃってたのかも・・・。
北の動物園できいた12のお話
2006-01-05(Thu) 15:10
暮れから年明けに読んだ本。

動物が好きだけじゃ務まらない厳しいことがたくさん書かれてます。

ヒトと動物に限らず、ヒトとヒトの関係も同じく・・。
そう感じる部分もありました。

北の動物園できいた12のお話 旭山動物園物語
kitano.jpg
明けました。。。
2006-01-01(Sun) 14:27
新年明けましておめでとうございます。

去年の暮れ、来年は何をしようかなと考えていて、きっと来年も今年と変わらずに過ぎていくんだろうなぁと思いながら、でも一年を通して、「ああ、これだけはたくさんやったな、満足満足♪」というものをしていきたいと考えていました。
で、ジミだけど一年とおしてやりたいこと。
・本をバカみたいに読む
・映画をたくさん観る
・美術展や写真展などに出向く

私は恥ずかしいくらい世の中のことを知らないけど、でもいつまでも心が豊かでありたい。上の3つをやったところで心が豊かになれるなんてこともないだろうけど、観ること読むこと知ることで、感じることや考えること、認めること、受け止めること、受け入れること、などなどをもっと幅広く柔軟に増していきたいです。

こんなことは目標でも抱負でもなんでもないけどね・・・。

本年もよろしく~☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。